住まいにマスク!!

アメリカのロスでは、高齢者が買い物に行っても、若い年代の人と買い物競争?に負けてしまうため、今週から多くのスーパーに朝早く(7~8時)の時間に高齢者専用時間を設け始めました。
日本はまだ、トイレットペーパー、マスク以外は平穏?に買えるので、高齢者時間を作らずに済んでます。8週間の外出自粛の全米では、食料品の調達で大混乱してるみたいです。また、ロスでは2週間レストランは休止、テークアウト以外は禁止となり、余計に混乱に拍車がかかっているそうです。

それから考えると、日本の現状は子供が学校に行けないだけでも大騒ぎです。当然アメリカの方が共働き家庭が多いし、ベビーシッターもコストが高いし、公共交通機関の無いロスでは(バス路線、一部地域の地下鉄、郊外電車などが最近整備されてきた)、子供の送り迎えが主婦の一仕事であります。
それに加わった、外出自粛、レストラン閉鎖はとんでもない非常事態で、スーパーに食材調達で競争になるのは必然であります。
現地のニュースで、食材調達は1週間に1回大量に調達する習慣がアメリカ生活でありましたが、毎日スーパーに通うことになるとはの嘆きにの声が多数であります。

住まいのマスク(機械換気設備)、特に給気口(外から新鮮な空気?花粉、騒音、PM2.5、排気ガス、その他外気に含まれる可能性がある物質)からの汚染物質の侵入を防ぐことができるか、いかに室内に入れずに空気環境の質を保つか、室内に入った汚染物質を速やかに外に排出できるかが、これからの住宅の求められる機械換気設備になります。

今までは、誰も気にせずに、工務店にとっては施主の興味がない設備にお金を掛けずに済んだ設備でしたが?

この際、住宅をこれから建てる人は、システムキッチンと同じくらいに気を使うべきであります。

工務店に任すと、大手メーカーの一番安い徳用の換気設備を付けることになります。
この際、自宅の室内空気環境(IAQ)を良好に保つことにより、家族の健康と幸せを守ることができる設備であるということを自覚するべきであります。

皆さんは、太陽光、エコ給湯、省エネ家電などの省エネに関してはお金を払います。
省エネしても、室内空気環境が汚染されていたら、病院に行き薬をもらったら。そんな省エネで貯めたお金なんかすぐに飛んでなくなってしまいます!!

こんな簡単なロジックを分からない、頭の悪い日本人が9割もいることに驚きであります!!
大手ハウスメーカーの広告料、人件費が上乗せされた家を高く買う、購買者はとてもやさしい人たちであります。

人生の最大の買い物をする割には勉強不足の人が多すぎます。

確かに、怪しい住宅販売業者、工務店は少なからずにいます。これら業者を見極められるのは施主が勉強していれば、騙されずに済みます。

住宅のマスク(機械換気設備)を勉強すれば、この人たちはわかっているいないの見分けがすぐ着きます。

人生の最大の買い物をする条件が、駅近、学校が室内空気環境より優先される間は、家族の健康と幸せを担保できる建物は、入手できません!!

家にいる時は、マスクしないでいられる、安心、安全な空気の質が欲しいと思いませんか????

前の記事

これからの住宅換気

次の記事

住宅の換気量