換気は空気の掃除機、空気清浄機は空気のフィルター

非常事態宣言から、家からなるべく出ない事を推奨されてます。
家の中の空気環境が良いのか、悪いのか、ウイルス菌はどうなのか?

三密を避ける、その中で換気の悪い場所?

換気の悪い場所とは?
空気がこもる、換気がしにくい、換気量が部屋に滞在する人数より少ない。

空気がこもる。 空気の通り抜けができない場所。部屋の隅、家具などの裏、納戸、換気がしにくい。押し入れ、部屋の間仕切りが多い。

解決方法は、家具の置き場所はなるべく壁との間の空間を大きく取る。部屋のドアは常に開けておく。家に備わっている換気設備は24時間回す(ノイズがうるさい場合は、寝る時は止めても可)。最低トイレ、浴室、キッチンの換気扇は回す。
ダクト式セントラル換気が付いている場合は、止めない事。

普段でも、焼き肉、鍋物をした場合は換気量が足りていません。

この状況で、人を呼んでパーティーはしてはいけません。

リビング、ダイニング。キッチンの動線上の換気量は、床面と天井の高さの気積で計算されてます。
予想以上の、人が集まった場合は、換気量は当然足りなくなりますので。
窓を開けるなどで、換気を促進する必要があります。

家の換気設備は、空気の掃除機であります。もし、この掃除機の能力が劣れば、住んでる家族の健康が侵される可能性が出てきます。
音だけ大きく、吸えない掃除機を使ったことがりますか?モーター音がしても実際換気が行われていない換気設備はたくさんあります。
モーターが回ってるけど、フィルターが詰まっていたり、ダクトが欠落したり、ダクトの曲がりがきつく抵抗が大きく空気を吸えない状態であるとか、この際一度換気設備のメンテナンスもしくは、自宅の換気設備の吸える能力の確認をしてみたらいかがでしょうか。
一番簡単なのは、吸い込み口にティッシュを当てて落ちてこないくらいの吸い込み力があるか?手を当てて風の力を感じるかくらいでも、最低限確認できます。

アルデの顧客であれば、メンテナンスと同時に換気量チェックも行えます。

室内空気環境を良好に保ち、家の中だけでもマスクをしないで、安心した空気環境を求めるのであれば、しっかりした機械換気設備を設ける必要があります。

この際、もう一度自宅の換気設備を見直す良い機会だと思います。

前の記事

簡単な住宅換気