よくあるご質問
アルデ換気システム Q&A
  • アルデ換気システムは「人」と「家」の健康を守るためにつくられています。「人の健康」とは室内のいろいろな汚染物質(生活水蒸気、VOC、CO、CO2、生活臭気等)を速やかに排出することによりアトピー疾患やその他の病気から守ることです。「家の健康」とは断熱気密により省エネと快適な室内環境が得られる代わりに、湿気の排出が困難となりがちですが、湿気を計画的に排出することによってカビ、ダニ、さらに木材の腐朽から守り、長く安心して住める家にすることです。この2つの健康を守るために換気システムは必要なのです。
  • 換気システムの効果を十分得るためには24時間必ずスイッチを入れたままにして下さい。それでも1ヶ月当たりの電気代は400円から500円が標準です(AMPV DC150/6の場合)。
  • 天気の良い日には窓を開けても何ら構いません。でもスイッチはそのままにしておいて下さい。アルデ排気型集中換気システムでは電源を簡単に切れないようになっています。窓を開けても換気できない空間があるのも大きな理由ですが、一番の問題は電気代がもったいないからとスイッチを切る習慣ができ、結局はこの換気システムが粗大ゴミとなり、人と家の健康を守れなくなる恐れがあるからです。1日電源を切っても僅か30円程。「人と家の健康」の為の投資としては安いのではないでしょうか。
  • はい、可能です。お気軽にご相談ください。
    TEL 047-318-3331 (平日 AM9:00~PM5:00)
  • 使用環境によって、異なって参りますが、約10年を目処としております。また、定期的なフィルター交換、清掃等をお願い致します。
  • モーター寿命の可能性が高いと思われます。個々の使用状況で差もございますが、他のユーザー様からのメンテナンス依頼の状況を見ましても、10年前後でモーター交換となるケースが多いようです。
    尚、モーターは補修部品として準備しておりますが、交換作業につきましては、ご販売先または弊社までご依頼ください。
  • メンテナンスフリーではございません。使用環境によってもことなりますが、フィルター交換はフィルターの汚れ、状態によって適宜行ってください。機械本体の定期清掃は、3年~5年に一度、行っていただくことをオススメ致します。
    TEL 047-318-3331 (平日 AM9:00~PM5:00)
  • フィルター交換、定期清掃は、3年~5年に一度、行っていただくことをオススメ致します。お気軽にご相談ください。
    TEL 047-318-3331 (平日 AM9:00~PM5:00)
  • それぞれ使用部品が異なるため、機械の型番、年式をお伝えください。1998年(平成10年)以前と以後で、必要部品が異なっております。控え等が見当たらない場合は、機械の形が長方形か、楕円系かをお伝えください。ご相談にのらせていただきます。
    TEL 047-318-3331 (平日 AM9:00~PM5:00)
  • 約2~3時間、お時間を頂いておりますが、機種、設置条件等で作業時間が異なります。お気軽にご相談ください。
    また、全国のメンテナンスを手配しております。
    TEL 047-318-3331 (平日 AM9:00~PM5:00)
  • モーターの交換作業は、設置位置によっては危険を伴います。また、モーターの取付け方によっては、共振による異音発生の可能性もあります。
    弊社では専門の技術作業員を配置しており、遠隔地につきましても、弊社の契約業者(技術研修済)を配置しております。
    交換作業につきましては、ご販売先または弊社までご依頼ください。
    TEL 047-318-3331 (平日 AM9:00~PM5:00)
  • どの機種でも対応いたします。アルデ換気システムのメンテナンス詳細はこちらをご覧ください。
  • 取付け業者と異なっている場合や不明な場合でもメンテナンス致します。ただし、保証期間内は、取付け業者の方にご相談ください。
  • 購入から1年を保証期間とさせて頂いております。
  • 給気口のガラリを上向きに設定し、室内に入る外気が瞬間に室内の空気と交わって冷気として進入することを防げます。過大な風圧に対しては、プラスチックの羽根状のダンパーを使い外から入る空気の圧力を緩和します。
  • このご質問にお答えする前に、「換気」「通風」「漏気」というともすれば、計画換気と同じ意味で考えられがちなことについてお話します。「通風」はdraftまたはcross ventilationと呼ばれ、風上、風下の窓を開け、外の風を利用して、室内で風を感じる程度の空気の流れをつくることです。蒸し暑い夏には体感温度を下げるために、室内の熱を排出するために好んで使われる方法です。「漏気」はair leakageと呼ばれ居住者の意図とは無関係に、単に空気が室内に侵入(漏入)することまたは、室内から外に漏れる(漏出)という意味です。意図した空気の出入ではなく、不必要な時にも発生するもので、本来「換気」とは区別して考えるべきものです。冬の隙間風が代表的な例です。「換気」は居住者の意思や必要性に応じて、無から一定量まで風量を自由にコントロールし、室内の汚染された空気を外の新鮮な空気と置き換えるventilationといわれています。上の説明でお分かりになられたと思いますが、換気は窓を開けただけでできると思う人も多いようです。空気を動かすには、温度エネルギー(浮力=ドラフト)と風力エネルギー(風圧)が必要です。また、空気は軽くて、目に見えない気体なので自由に動くと考えられがちですが、実は抵抗をもっています。ですから、住宅の内と外の温度差のない季節、風の吹かない日には停滞して動きません。また、風の通り道が無い場合は空気はダッチロール状態(換気のムラ)となり、自然任せでは望ましい換気は期待できません。換気システムは空気抵抗を考えながら、計画的なシステムにより新鮮な空気と汚染空気を入れ替える設計(システム)になっていなくてはなりません。即ち空気の流れ(川)をつくり、そこに空気の汚染物質を乗せ外に排出する仕組みが必要なのです。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

製品についてのご質問など、お気軽にお問い合わせください。
また、FAQも合わせてご覧ください。

製品についてのお問い合わせ
TEL:047-318-3331
E-mailでのお問い合わせはこちら

アルデメンテナンスサービス
TEL:0120-12-9185
FAX:047-318-3335