アルデ換気システムの特徴

近年、住宅の高気密・高断熱化はさらに進み、それに伴う住まいの計画換気はますます重要性を増しています。
建築基準法により、2003年7月1日から24時間機械換気設備の設置が義務付けられました。
アルデ排気型集中換気システムは、そんな時代に対応した、高気密・高断熱住宅の室内空気環境を、24時間365日、常に快適に保つ計画換気システムです。
欧米で実績を持つフランス・アルデス社の高度な技術をもとに、日本の気候・風土に合わせた独自のシステムで、戸建て住宅やマンション等に最良の室内空気環境をお届けします。

優れた換気機能とコストパフォーマンス「アルデ」は主流の排気型集中方式

第三種換気住まいの換気システムとして一般的に採用されている方式は『第1種換気』と『第3種換気』。
第1種換気は給気も排気も機械によって強制的に行う、熱交換型と呼ばれるもの。
第3種換気は、給気は室内との圧力差で自然の外気を取り入れ、排気を強制的に行う“排気型”と呼ばれるもので、「アルデ」はこの方式です。
排気型は、熱交換型に比べて施工性に優れ、導入も低コストのうえ、給・排気に電力を使う熱交換型よりはるかにランニングコストを節減できることから、戸建て住宅では主流の方式になっています。

ロスなく安定した換気が行きわたる 「アルデ」は独自のチャンバーファン一体型

ファンとチャンバーが一体のチャンバーファンシステム従来の換気システムでは、チャンバーとファンが分離したものがほとんど。
「アルデ」は、日本で初めてチャンバーとファンを一体化した換気システムです。
換気する空気を一旦チャンバーに入れ込むことで、ファンの能力を最大限に引き出し、安定した換気量を確保できます。
メンテナンスは、本体側面の点検パネルのファンユニットを引き出すだけで簡単に行えます。

家族構成や生活シーンで調整可能 「アルデ」は自在の自動換気量調整弁
自動換気量調整弁の動きを動画でご確認いただけます。
※ムービーをご覧になるにはQUICKTIMEが必要です。インストールされていない方は、QuickTimeダウンロードサイトより最新版をインストールして下さい。
Get QuickTime

換気量の設定が簡単にできる自動換気量調整弁は、調整弁内の風船の膨らみによって、自動的に換気量を制御する「アルデ」独自の仕組み。また、換気調整弁の両側に付けられている換気量調整カセットは着脱が可能で、開口面積を調整することによって、換気計画に適した換気量の設定が容易にできます。
※AMPV(MPV・VMP-K)シリーズに装着

自動換気量調整弁

風船の伸縮により、常に一定の換気量を保ちます。アルデ排気型集中換気システムは、本体の3インチダクト接続部に風船状(シリコンゴム製)の自動換気量調整弁が付いています。
この風船は設定以上の風圧がかかると、図のように、風船が膨らみ、カセットの隙間が少なくなることにより、設定風量以上換気されないようになっています。
また、カセットを脱着することにより、適切な換気量を設定することができます。
家族構成が変わったり、部位別の換気量を増減したりしても、他の部位の換気量が変化しないことが、アルデ排気型集中換気システムの最大の特長です。

冷気対策と換気量の確保は万全 「アルデ」は独自の給気口構造

冷気ゾーン・排気口プラスチックダンパー給気口のガラリを上向に設定し、給気口から室内に入る外気が瞬間に室内の熱と交わって冷気として進入することを防ぎます。
それでも強風時には風上に位置した給気口に設定した給気量以上の風圧がかかることが想定されます。
これに対応すべく、アルデ給気口にはプラスチックのダンパーが組み込まれており、過大な風圧に対して自動的に圧力を調整することができます。

給気量/給気口給気量グラフ5インチ給気口の有効開口面積は14cm2、1.0mmAqの内外差圧時には20m3/h。
4インチ給気口の有効開口面積は11cm2、1.0mmAqの内外差圧時には16m3/hの換気量を取り入れるシステムとなっています。
弱い差圧時でも、適切な量の給気が確保されます。調整の必要がありません。
寒さの厳しい地域やセントラルヒーティングを採用しない時など、給気口からの換気量をセーブしたい時には、四分割されているダンパーを閉じることにより、給気量を調節できるシステムとなっています。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

製品についてのご質問など、お気軽にお問い合わせください。
また、FAQも合わせてご覧ください。

製品についてのお問い合わせ
TEL:047-318-3331
E-mailでのお問い合わせはこちら

アルデメンテナンスサービス
TEL:0120-12-9185
FAX:047-318-3335